グローバル化を推し進めるべき2つの理由

海外

どうも、昨日おもむろに左手を嗅いだら
めちゃくちゃ臭かったです、
もっぷへっどです。

犬の糞を素手で潰したのかな?って
ぐらい臭かったんですけど、
さすがに私といえど
糞を握りつぶす趣味はございません。

少し心配になったので、
「突然 左手 臭い」で検索を
かけたところ、「疲労臭」というものが
ヒットしました。

お酒を飲んだり、
ストレスを貯めたり、
疲れたときに出る匂いなんだそうです。

ちょっと必殺技みたいで
カッコイイなとも思ったのですが、
心当たりがなさすぎるので犬の糞を左手で
握りつぶしたってことにしときます。

 


1.金銭的に貧しい国日本

下世話なお話はここまでにして、
早速「日本がグローバル化を推し進める理由」
について述べていきたいと思います。

1つ目の理由は、金銭的に貧しい国に
どんどん近づいていっているからです。

多くの外国人が日本に旅行に行くのは
「安いから。」という理由だそうです。

この前日本であったオーストリア人も
「日本ご飯美味しいしやすい良いところ!」
って言ってました。

物価が安いのはいいことですが、
それは発展具合が諸外国と比べて
低いということの指標の1つでもあります。

 

そして更に問題なのは、

旅行者が安いと思われている物価
=日本人の多くは高いと感じている物価

というところなのです。

 

その証拠として、

日本の年収の中央値は、450万円。

発展しまくっているシンガポールの
年収の中央値は、900万円です。

ぐうの音も出ないですね…。
シンガポールのように、
どんどん優秀な人材や、
外の知識をガンガン取り入れていくことを
必要な時が来るのかもしれません。

 

ちなみに外国人の数は
かなり増えているみたいです。
(以下のニュース参照)

東京23区の新成人は8人に1人が外国人(livedoor news 2019.1.10)

都内のコンビニの店員さんなどを見ていたら、
確かに外国人多いなーと感じていましたが
まさかこれほどとは!

一番外国人の割合が高い「新宿区」なんかは、
4004人中1837人(45.8%)ものの外国人の方が
参加しているそうです。

個人的にはそういった
日本のグローバル化は超絶推進派です。

そうしないと日本は優秀な人材は
外に出ていくばかりで、
国として衰退の一途を辿るでしょう…。

というか既に置いていかれている感を
海外にいると感じてしまうのです…。

 

2.心も貧しい国日本

2つ目は、地球人として
そうあるべきだという理由
です。

先日日本に一時帰国した際に
訪れたコンビニにこんな貼り紙がありました。

「日本語の不自由な外国人が働いています。
ご不便をおかけしますが、
ゆっくりとした日本語で話かけください。」

・・・こういった貼り紙を見ると
悲しくなってしまいます。

一々書かないとダメなのでしょうか?

日本人は、
こんな簡単な気遣いすらできないの?と
思ってしまうんですよね。

 

日本で働いている外国人の方には、
様々な背景があるでしょう。

ただ、家族の元を離れて日本語を勉強し、
日本を知ろうとしてくれている姿勢に
間違いはないと思うのです。
それが例え出稼ぎだとしても。

 

そんな方々に対して、思いやりのない
早口で難解な言葉をぶつけたり、
ましてや罵声を浴びせる行為
失礼極まりない人として
愚かな行為ではないかと感じます。

そういった方は、海外、
日本語や英語すらも通じない地域に
行ったことが無いのでしょう。
そしていった方がいいですよマジで。

 

私が始めてアフリカの農村部に訪れたとき、
英語も通じなければ、
現地語も分かりませんでした。

ただそれでも、彼らは一生懸命関わろうと
話しかけてくれましたし、現地語なんかも
身振り手振りで教えてくれました。
罵声を浴びせる人なんて
1人もいませんでした。

そういったところを見ていると、
日本のグローバル化はまだまだだなっと
思ってしまいますし、
そういった行動を取る輩が減らない限り
日本は衰退の一途を
辿るのだろうなと思います。
(※個人の意見です。)

 


3.まとめ

「左手が臭い」という下世話なお話から、
真面目な話への「方向転換っぷり」
凄まじいですね!!

我ながらどうなの?と思ってしまいますが、
書きたいことを書いてくスタイルですので
お許しくださいませ。

ではまた!

もっぷへっど

タイトルとURLをコピーしました