【これで完璧!】マニラ空港での乗り換えの方法【Manila】

お役立ち

どうも、もっぷへっどです。

皆さん海外旅行で不安なことランキング第2位がなにかご存知でしょうか。(※もっぷへっど調べ)(1位は犯罪系です、多分。)

 

ででどん。

 

そう、トランジットですね!←

特に始めていく空港は不安で仕方がないはず。

そしてトランジットの方法を調べても意外にちゃんと書かれていなかったりしますよね。

ということで海外在住歴6年目の私が、各空港のトランジットの方法を知る限りお伝えしていこうと思います。

今回はフィリピンにある【マニラ空港編】です。

キーワードは「45番」!この数字を確実に覚えながら、本記事には目を通してみてください。

マニラ空港での乗り換え方法

まずマニラ空港に到着です。

どれだけのフライトによるかは分かりませんが基本はヘトヘトのことでしょう。

しかしマニラ空港では降りた瞬間から、勝負は始まります。

降りたところに係員がいるorいない

降りてすぐのところに、トランジットを案内する係員がいるときと、いないときがあります。

いるときと、いないときの差は、マニラ空港でトランジットを8回している私でも正直なんなのかよく分かりません。

先日は、トランジットの時間が5時間のときは案内してくれて、1時間しかないときは、係員はいませんでした。なんなんだこの差は…。

 

係員が降りたところにいるときは、その方に大人しく従ってください。トランジット専門係員に会えたあなたは超ラッキー☆

会えなかったあなたは、多分その日の運勢12位とかです…。

でも大丈夫!そう、このブログを読めばね←

大切なキーワード「45」

係員を見つけれなかったあなた!

困る必要はありません。とりあえず「45番」という看板を探してください。

この写真のように、搭乗橋(Passenger Boarding Bridge)の付近に看板はあります。(分かりづらくてすみません…。)

飛行機から降りて右!とか言えたらとても簡単なのですが…。飛行機が止まった場所によって、降りてから右か左かは分かれるので、とりあえず流れに身を任せましょう。

すると「45番」搭乗橋付近にこんな看板があります!

なぜかここにしか「Transfer desk(乗り継ぎカウンター)」の看板がないんですよね。分かりにくいったらありゃしない。

そしてその案内に従って階段を降りていってください。

するとこんな風景が広がります。

そしてこれまた分かりにくいのですが、ここで右側の列に並んではいけません!!!

写真のおくーーーの方だけが、トランスファーデスクなのでそこまで行列があろうが突っ切ってください。

なんなら薙ぎ倒していっても大丈夫です。(ダメ)

 

そこまでたどり着いたら、カウンターで

①トランスファー!と伝えて

②行き先を伝えましょう。

最初の空港でチケットを発行してもらえていれば、そこにハンコを押されるだけ。発行してもらっていなければ、ここでチケットを貰えます。

 

その後、まわれー右!!をしてください。

すると前方に、荷物検査場が見えますので、そこで荷物をチェックしてもらってください。(検査官が深夜に行くと爆睡しています。優しく起こしてあげてください。)

そこを通り抜けると、このような見すぼらしいエレベーターのところに着きます。

ここも係員が親切な人だと、階数のボタンを押してくれるのですが、不親切or寝ている場合は自分で押す必要があります。

ここで押すボタンは「3階」です!

お間違いのないように!

 

そして上までブイーンとあがっていくと…

到着!!!!!!

ちなみに到着後扉からでるとこんなところに出ます。

最初はえ?どこここ?ってなるかもしれませんが、勇気をもって扉を開けましょう。

そこがゴールです!

ちなみにここまで係員が付いてくることは今までに一度もありませんでした。

あとは搭乗券に書いてある、搭乗ゲートを目指してください。

 

まとめ

係員はいないわ、案内看板は少ないわ、無駄に迷路みたいだわでとても分かりにくいマニラ空港。

初めての方には難易度が高い空港かもしれませんが、ぜひ本記事を参考にして、快適な乗り換え、トランジットをお過ごしください。

ではまた!

もっぷへっど

タイトルとURLをコピーしました